窓の外

いつもの喫茶店のいつもの窓際の席

外には、行き交う人々の雑踏

笑顔の奴・しかめっ面の奴色々居るけど

皆、何かを目指して歩いてる

その先に何が待っているのか

何も待っていないのか

解らないけれど皆歩いてく

俺だけ取り残された気分で不安になる時

いつも、女房が街の雑踏を連れて入ってくる

その笑顔を見ると

さっきの不安が嘘のように吹き飛び

お喋りが始まる

今日の出来事何処へ行って何々が安かったとか

ワイドショーでこんなのやってたとか

他愛のないいつもの時間

楽しい一時

その宝石のような時間があれば

また、明日も頑張れる

そんな気がする

広告を非表示にする