スピッツなのかえんどう豆なのか

とがとてもきな臭い状況になってきて不安なのに加えまでが飛ばして来たら迎撃してやると息巻いている(勿論に誤って落ちるとか、100歩譲ってグァム島自体に落ちるとかならやむを得ないだろうが)

しかし正恩はどうしてあそこまで異常な挑発を繰り返すのか私はあの人を見ているとスピッツ若しくはえんどう豆を連想する

スピッツは昔よく見かけた見た目は真っ白でかわいいだが、何しろ臆病な性格のできゃんきゃんと煩いそれが原因で今はいなくなってしまったのではないかと推察しているその臆病さゆえに、スピッツ同様に威嚇しないではいられないのかとも思っている

一方でえんどう豆と言うのはアンデルセンの童話でさやも自分も緑のうちは世界も緑だと思い、熟して黄色くなったら世界も黄色になったと思い、えんどう豆を育てているの少年が豆鉄砲に使おうとさやごと取さやを割った瞬間に世界は色な色に溢れていた事を知る話である

正恩は今の座についてから一度も国外へ出たことが無いと聞く、だからという訳でもないが、国外から出たことが無いだけに、世界の人の考えや思いを理解するには限界があり自分の物差しだけで物事を考えているのではないかと言う気もする。

また困った事にトランプ大統領が同じ土俵で相手をするおかげでヒートアップする一方最悪本気モードの戦争の可能性も捨てきれない御蔭でもも冷静ではいられない。

もう一つ怖い話がある。支持率の低い大統領が戦争始めるとその支持率は何故か上がるという話トランプ大統領には戦争を始めたい理由がある

何事もなくXディーが過ぎ去る事を祈るのみである

にほんブログ村