連ツイ高齢者に安心して死んでもらえる社会インフラ構築による貯蓄から投資への促進

2017年8月19日土の連続ツイートになります。

via高齢者が若者を支える社会を作ればいいという逆転の発想イノベーション的発想を磨くダイヤモンドオンラインdiamondjp/articles/-/139

postedat16:40:48

私は高齢者の不安、具体的には長生きすることへのリスクを取り除く社会づくりが不可欠だと考えます。人は誰しも生きている間のお金は必要ですが、死んでからのお金は不要です。高齢者が手元資金ゼロでも安心して死ねる社会を作ってあげることで、残さずお金を使ってもらうことが重要だと考えています。twittercom//sta

postedat16:45:15

内閣府高齢社会白書平成26年度版によると、老後の生活を心配しているため、高齢世帯の貯蓄額が大きくなっています。例えば、70歳以上の世帯主の貯蓄は約2197万円、60歳以上が2249万円、50歳以上が1675万円となっています。twittercom//sta

postedat16:51:22

60歳以上の貯蓄が増えるのは退職金などを得るためです。その後が問題です。50歳からの10年では、574万円増えているのに、60歳からの10年では、53万円しか減っていません。つまりは、老後を不安視した高齢世帯がお金をあまり使っていないということです。twittercom//sta

postedat16:55:04

最近では、このような高齢者をターゲットにした豪華列車の旅や豪華クルーズなどのサービスが増え、消費機会が高まっているとは言えますが、結果的に使わないお金を残したまま死んでいく高齢者がまだまだ多いのが現状であると言えます。twittercom//sta

postedat16:58:30

もっと高齢者たちにお金を使ってもらい、例え手元資金がゼロになったとしても、安心して死んでもらえる社会を構築するためには、医療と葬儀、埋葬の3つを無料化してしまうというのが得策ではないかと私は考えています。twittercom//sta

postedat17:00:51

この医療と葬儀、埋葬の3つを無料にすることを、税収不足や人口不足に悩む各市町村の公共サービスにおける差別化戦略のひとつとしても良いのではないでしょうか。例えば、各市町村で保有する土地に共同墓地や共同納骨堂を作り、葬式は各宗派のお寺にお願いする。これだけで、葬儀と埋葬は満たされますtwittercom//sta

postedat17:05:25

これからの時代においては、墓地や墓石を新規に保有することへお金を投資するのは無駄に近いことであるとも言えます。業者によって金額がバラバラであり実際にいくら必要なのかという明確な数字がないのもまた、不安を煽る要素になっていると言えます。twittercom//sta

postedat17:08:15

葬儀の際は、親族の心理状態が不安定な状態ですので、その際になんだかんだとオプション料金を追加し言い値で金額を釣り上げてしまう悪徳業者が横行している現実もあります。葬儀や埋葬に市町村が参入することで、曖昧さがなくなるだけではなく、安心がプラスされることになります。twittercom//sta

postedat17:11:48

仮に、葬儀や埋葬にかかる費用を概算で約200万円とすると、そのまま葬儀会社や墓地墓石販売会社へお金を支払って貰うよりも、無料化することでその分のお金を丸各市町村で消費してもらい、市町村の経済に貢献してもらった方が良いのではないでしょうか。twittercom//sta

postedat17:14:47

仮に、高齢者の手元資金が本当にゼロになってしまったとしても、最近ではマクドナルドなどを始めとする飲食業界や販売業界での人手不足が顕著ですので、身体に負担の少ないシニアアルバイトで生活費は十分に賄えるのではないでしょうか。twittercom//sta

postedat17:18:25

念のために補足しておきますが、私は高齢者の方を無理に働かせようとしている訳ではありません。高齢者が仮に手元資金がゼロになったとしても、安心して死んでもらえる社会づくりが重要であると述べているのです。twittercom//sta

postedat17:20:49

高齢者に安心して死んでもらえる社会インフラという前提条件があってこそ、高齢者たちにお金をバンバン使ってもらえる社会を作ることが可能になるのだと私は考えています。twittercom//sta

postedat17:22:34

以上、本日の連ツイでした。おわり後ほどタイトルをつけて、ブログにアップ致します。この連ツイは即興で書いているため、誤字脱字はご了承ください。本日2回目

postedat17:23:17

老後不安不況を吹き飛ばせ失われた25年の正体と具体的処方箋(PHPビジネス新書)

Amazon

老後に本当はいくら必要か(祥伝社新書192)(祥伝社新書192)

Amazon